2007年03月25日

コードフォームはフレットボード上で作らないで。

ギターやウクレレのコードはフレットボーに置くのですが、フレットボード上でコードフォームをつくらないように練習しましょう。つまり、「フレットボードは『コードフォーム』を置くところ」です。コードフォームの「フォーム」とは、すなわち手指の「フォーム」なのです。そのフォームをフレットボードに置くのです。

 一旦押さえたコードを緩めて指を少し放します。そしてまたそのまま置きます。そのときフレットボード上で再びコードフォームを作ることの無いように、フォームを崩さず置けるようにします。つまり、コードフォームが崩れないように何度もバウンドさせてみるのです。上手く出来ると、置くときに弦を弾かなくてもそのコードの音がします。

 さらに、一度押さえたコードをネックからも手をはなして腕をダラリと提げて手をおろし、コードフォームを解除します。その後再び手をゆっくりもち上げてきて元のコードを押さえるのですが、そのときフレットボード上で指位置を直したりしないようにコードの各指ができるだけ一度に置けるように練習します。

 これらの練習は目を閉じてもトライしてみてください。感覚を養う良い練習になりますし、結構上手く行くようになります。どうぞお試しください。
posted by ひかちゃん at 23:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする